ドッグラン通信 犬の病気と健康

動物病院との上手な付き合い方
  • 2016.03.09
  • 犬の病気と健康

すぐに行ける近所の動物病院はどこがいい?

かかりつけの動物病院が家から近くであれば嬉しいですよね。車や電車など乗り物を必要としない距離にある動物病院を探すとき、Webの情報も参考になりますが、実際に利用されているご近所の飼い主さんからの情報はとても参考になります。お散歩中に仲良くなった飼い主さんに「どこの病院がいいですか?」など相談してみると、率直な意見が聞けるはずです。直接病院に出向く場合は、院内が清潔であり、処置や健康状態についてしっかり説明してくれる獣医さんかどうかをしっかり見極めましょう。獣医さんの人柄や医療方針によって良いと感じる人とイマイチと感じる人、それぞれの意見がありますので、無理して人に合わせず、自分の価値観に近い病院を選ぶと良いでしょう。

充実した医療設備や専門医はどこにある?

手術や長期通院が必要な場合、主治医とは別の意見を聞いて治療内容が適切かどうかを判断することも飼い主の役目です。処置の内容や投薬、費用に少しでも疑問を抱くようであれば、セカンドオピニオンを求めることは決して悪いことではありません。また、病状によっては必要な検査や医療設備、専門知識を要するものもあるため、必要に合わせて動物病院を選んでみてください。遠方で車が無いなどの場合、諦めず、往診してくれる獣医さんを探したり、通院のための手助けをしてくれる「ペットタクシー」や「ペットシッター」を探してみたりすることもひとつの方法です。

主治医の休診日や、夜間の緊急はどこに?

かかりつけの病院にも休診日があったり、夜間の対応が無い場合があります。あらかじめ休診日に診察してもらえる2つ目の動物病院や、夜間診療を行っている動物病院をチェックしておきましょう。動物病院によっては、地域の動物病院が協力しあってカルテを共有してくれるサービスがあったり、夜間診療できる病院を教えてくれたりする場合があるため、まずは、信頼している主治医の獣医さんにたずねておくことも失礼にはならないでしょう。

愛犬の健康管理には飼い主さんと獣医さんとのコミュニケーションがしっかりとれることが理想ですね。遠慮なく意見を聞けて適切なアドバイスをくれる素敵な主治医が見つかるまで諦めずに探すことも必要です。また、もしもの場合に備えてペット保険に入っておくことも安心につながるかもしれませんね。

ドッグラン通信の新着コラム

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る