ひっかき傷や尿シミってそんなにつくの?
新築なのに、あっという間に傷だらけ? なんてことも…。

同じ小型犬でも、犬種や爪切りの具合、ワンちゃんの気性により程度は異なりますが、木材のフローリングでは、大なり小なり傷はついてしまいます。元気なワンちゃんで、比較的爪が硬い犬種の場合、新築なのに、あっという間に傷だらけになってしまうこともあります。

犬の爪はすぐに伸びてしまいます。

常に爪切りをしているワンちゃんとそうでない場合で、傷のつきやすさに差は出ます。野外にいる犬は、土や石、アスファルト等の上を歩いたり走ったりすることで、ある程度爪がすり減ります。しかし室内犬の場合は、すり減る機会が少なく、伸び続ける爪のお手入れはけっこう大変なものです。

大型犬の場合は、深くしっかりした傷が…。

小型犬の場合は、細かい傷がつきやすく、体重が重く、爪も太くて丈夫な大型犬の場合、深くしっかりした傷跡がつきます。中には床を掘るようなしぐさをするワンちゃんもいたり、そうなると木材フローリングはひとたまりもありません。爪をきちんとお手入れしていても、小型犬以上に傷つきやすいといえるでしょう。

▲ 小型犬は細かい傷がつくことが多いです。

▲ 大型犬は小型犬より深く目立つ傷が付きます。

子犬のときはもちろん、成犬になってからも!?

トイレのしつけが身に付く前の子犬の頃はもちろん、成犬になってしつけがきちんとできたワンちゃんでも、足を上げて尿をした際に、ペットシーツやトイレトレーから尿がはみ出てしまったり、尿をした後にフローリングを歩行した際に、ポタポタ尿のしずくが垂れてしまうこともあります。

おしっこがフローリングに染込むと…。

フローリングの板と板のすき間に尿が染み込んでしまうと、アンモニア臭が染み付いてしまいます。尿をした直後に消臭スプレーをしてティッシュなどでゴシゴシこすれば、臭いは気にならないというケースも多々ありますが、繰り返しの粗相や、留守中などに尿をされて一定時間放置しまうと、染み付いた臭いを除去できなくなることもあります。

シミ跡ができてしまうと元通りにはできません。

尿の影響によって、表面のコーティング剤が剥げてその跡が残ってしまったり、フローリング木材に直に染み込んだりすることによって、フローリングが部分的に変色してしまうと、目立たなくするいことはできたとしても、完全に元通りにすることはできません。洗剤や漂白剤を使用することによって、余計変色やシミ跡がひどくなってしまうこともあります。

耐久性×耐傷性×美しさのバランスに優れたコーティング

ドッグランコーティング【ガラス】は、ナノコンポジット技術によって、硬度9H 保護膜の割れないガラス塗膜を形成することにより、美しさと機能性を実現しています。無機質の液体ガラスを主成分としているため、ペットや赤ちゃんが舐めてしまっても全く問題ありません。ナノ技術により飛躍的に向上した物性が、フローリングを長期間にわたり保護します。

※ワックスと汚れの黒ずみが蓄積してしまってます。

上質な仕上がりと耐傷性を重視される方にオススメ

ドッグランコーティング【ガラス】は、ピカピカせずに、フロア材の風合いを活かした上品な仕上がりが特徴です。また、あらゆるコーティング剤の中で最も高い塗膜硬度、「硬度9H」を誇ります。塗膜硬度の数値は、B、HB、F、H、5H など順番に、先を尖らせたエンピツでコーティング表面をひっかいてみて「どの程度まで傷つかないか」を調べます。数字が高いほど表面が硬く「傷がつきにくい」ということになります。

施工は1日で完了、耐久年数は20年

優れた耐傷性・コーティングの美しさだけでなく、滑り止め効果も十分です。

仕上がりの美しさ ★★★★★ 耐水性 ★★★★★
耐傷性 ★★★★★ 滑り止め効果 ★★★★

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ドッグラン通信 犬にまつわるお役立ち情報

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る