うちの子、もう滑らない。
フローリングのリスク

フローリングで犬が関節炎や脱臼になる!?

犬や猫は、土の上などを歩くための体の構造になっています。フローリングではグリップが効かず、足腰に負担がかかります。特に関節には不可がかかりやすく、気づかないうちに関節炎や脱臼していることもあります。

ひっかき傷や尿シミってそんなにつくの?

犬は歩くだけで床を傷つけてしまいます。年数と比例して傷は大なり小なり増え続けます。傷が増えてくると、傷から水分や汚れが浸透し、フローリングの劣化が進行してしまいます。劣化が早まり、見た目の美しさが失われていきます。

滑り止めグッズと比べて効果は?

犬のフローリング滑り止めグッズには、マットや市販ワックス・コーティング材、靴下など、各ジャンル様々な商品があります。そのような商品と比べて、ドッグランコーティングの特徴や効果はどうなのか?をご紹介します。

抜群のコストパフォーマンス

新築入居のフロアコーティング

ドッグランコーティングは一般的なフローリング材や市販ワックスに比べて、犬にとって2倍以上のスリップレス効果があります。業務用の他のコーティング剤と比べても、「滑りにくさ」と安全性において優れています。

居住中のフロアコーティング

すでにシミみや爪の引っかき傷がついてしまっているフローリングの場合、目立つ傷は施工前に軽補修をします。その上でコーティング剤を塗布することで、光沢感により傷やシミが目立たなくなります。

ドッグラン通信 新着コラム

ページトップへ戻る