ドッグラン通信 犬にまつわるお役立ち情報

愛犬からのメッセージをちゃんと受け取れていますか?~日常の仕草からわかる大切なこと~
  • 2016.01.25
  • 犬にまつわるお役立ち情報

犬の行動や表情などペットをよく観察する

室内で犬を飼っている場合、マットを敷いている所とそうでない所では、顔つきが全然違う事がよくあります。滑る床だと、どこが不安そうな表情で歩きおどおどしている事が多く、ストレスが溜まっているだろうと感じます。逆に滑らない床では表情がとてもハキハキしていて楽しそうです。この様な表情一つ一つをメモがとても重要です。一緒に暮らす上で色々な対策が出来ると思います。

犬のイタズラ癖を金属音で矯正してみよう

犬の行動の一つに【イタズラ】があります。部屋の廻りにある色々なものを噛んだり、破いてみたり・・・ これらは飼い主にかまって欲しいと思う気持ちの表れです。一度くせがついてしまうとなかなか直すのは難しいですが・・・

イタズラをする前に金属音をならしてみると効果があるかもしれません。空き缶に小石や鍵をいれて振るとガチャガチャと金属音がなります。犬は金属音が嫌いなのでイタズラの矯正効果につながります。一つ注意点としては金属音を鳴らしているのが飼い主と悟られないように工夫する事がポイントとなります。

おすわりをする時のしぐさに要注目!

愛犬におやつを上げる時に決まってやるしぐさは【おすわり】が多いですよね!(^^)!

このおすわりの仕草の速度に注目してみます。まずなるべく滑りにくい場所でおすわりをさせる事で関節の負担を軽減出来ます。特に負担が掛かるのは後ろ足部分になるので注意が必要ですね!

足腰に負担が掛かっている状態が続いていると、足をかばって【おすわり】をする速度がゆっくりになる傾向があります。こういった微妙な違いをしっかり観察する事も重要な事といえるでしょう。

散歩する時の仕草にも注目してみよう!

散歩に行くときに激しく興奮して家の外に出るとリードをひっぱり続けたりする事が多いと一見「元気なヤツだなぁ」と感じる事あるとおもいますが、犬の気持ちになってみると

運動不足で欲求不満を募らせている可能性が考えられます。

こういった時は無理な動きをする事も多く、呼吸困難や頸椎の捻挫など2次災害に至ってしまうケースも珍しくありません。

対策としては、おやつを手に持つなどして【おすわり】や【伏せ】などを間にかませて犬の気持ちを落ち着けてあげる事が重要になります。そしてしっかりおやつを与えるなどで、落ち着くといい事があると思わせると徐々に落ち着いて散歩できる様になっていきます。

愛犬が食事をしている時の動作にも注目してみよう!

愛犬がいつも以上に時間を掛けて食事をしている、少食になっていると感じた場合は、口内の歯周病や神経を痛めている可能性があります。

私たち人間も口内炎や歯が痛い時などは食事のペースが遅くなるのと同じ現象ですね。特に年齢を重ねていくとそういった傾向が多くみられるので、注意深く観察をしていきましょう。

まとめ

この様な犬の仕草は毎日観察をしっかりして必要であればメモをとる事で防げる事例が数多くあります。ただ犬は言葉を話せないので少しでも「おかしいな?」と感じたら早めに対策をする事がとても重要になります。

そういったシグナルを感じてあげる事で愛犬と飼い主の絆がさらに深まっていくので、日々の愛犬のしぐさ、行動に注目してみてはいかがでしょうか。

 

新居向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix04/

居住者向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix05/

ドッグランコーティングの施工料金
http://dogrun-coating.com/price/

ドッグランコーティングの施工の流れ
http://dogrun-coating.com/flow/

ドッグランコーティングのサンプルご請求
http://dogrun-coating.com/contact/

ドッグラン通信の新着コラム

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る