ドッグラン通信 ペットと暮らす家づくり

愛犬が安心して暮らせる快適な空間づくりのためにできること
  • 2015.07.11
  • ペットと暮らす家づくり

●ソファへの昇り降りは足腰に負担がかかる

犬と暮らす場合、犬が快適に過ごせる空間を考えてあげる必要があります。
そもそも、犬を飼っていない場合、人間が住みやすい作りの住居となっているでしょう。

しかし、いざ犬を飼い始めたなら、犬の視点でも考えてみましょう。
リビングに犬用のサークルやケージを準備してあげて、犬が自由にくつろげるスペースを確保します。

特に室内犬の場合、1日を部屋で過ごします。
散歩以外は室内で過ごしますから、家の中でのケガにも配慮をしなければなりません。

大多数のお宅のリビングには、人間がくつろげるソファが配置してあります。
アクティブな犬は、そのソファに自由にジャンプして登ったり、下りたりなどします。
見ているととても楽しそうですし特に問題がないように思ってしまいがちですが、実はこのソファへのジャンプは犬の足や腰にとっては、負担が大きい行動なのです。

小さい小型犬にとっては、自分の身長よりも高い場所に登って着地したりするわけですから、細い足と腰に相当な負担。
この衝撃により、脱臼やヘルニアになってしまう可能性があります。

●ソファにつけるスロープや階段の活用も有効

犬がソファに登ろうとしたら、注意を引きつけて登らせないようにしてみるといいです。
おやつを用いて「ソファに登らないとおやつがもらえた!いいことがあった!登らないようにしよう!」と覚えさせるといいかもしれませんね。
ただ、今まで自由に登っていたなら、急にジャンプを止めるのは難しいかもしれないでしょう。

そんな時は、ソファの乗降用にペット用のスロープや階段をつけてあげます。
スロープや階段を使用してソファに登らせるコツとしては、おやつを使いながら上手く誘導してあげることです。
登り切った時もおやつをあげます。

これならば、足腰の負担をかけずにソファに登ることができますね。

犬は言葉が話せませんから、飼い主さんが愛犬の快適な暮らしをサポートしてあげるようにしたいものです。
犬が過ごすリビングは、犬が危険な目に合わないように空間作りをしてみる工夫が大事です。

●階段やフローリングでもケガの危険がある

2階建ての住宅では、犬が自由に昇り降りで行き来することがあります。
各住宅の構造にもよりますが、一気に登って足を滑らせて階段から落ちてしまう危険があります。
犬もシニアになるにつれ、足腰は弱くなりますし、一度ケガをしてしまうと動きづらくなってしまうため、2階に行けないようにするには柵を取り付けるのもいいでしょう。

また、つるつるのフローリングは、犬が走りまわる際に滑って負担がかかり、足を脱臼する可能性もあります。
じゅうたんを敷いたり、滑りにくい床材に変えるなど配慮が必要です。

 

新居向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix04/

居住者向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix05/

ドッグランコーティングの施工料金
http://dogrun-coating.com/price/

ドッグランコーティングの施工の流れ
http://dogrun-coating.com/flow/

ドッグランコーティングのサンプルご請求
http://dogrun-coating.com/contact/

ドッグラン通信の新着コラム

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る