ドッグラン通信 フローリングの豆知識

『愛犬の毛質を知ってフローリングを清潔に!』
  • 2016.09.21
  • フローリングの豆知識

●換毛期のない犬?ある犬?

犬の被毛の構造はシングルコート(伸びるのみで抜けない犬)とダブルコート(抜け毛がある犬)とに大きく分けられます。

シングルコートの代表といえば、プードル(トイ含む)、ヨークシャーテリア、マルチーズ、などです。夏毛と冬毛を持つダブルコートの犬が大半を占めるのですが、エアコンで空調管理された環境で生活する犬達には近年換毛期に激しく抜かわるというスタイルよりも、日常的に不要な毛が抜け落ちる犬も多くなりました。

●抜け毛をフローリングに落とさないためにできること

抜け落ちる毛を床に着地させるまえに、日々ブラッシングを習慣化することです。

ブラッシングが苦手な犬は、まずは大好きな飼い主さん優しく撫でてもらうことから始め、次に背中やお尻、胸など撫でられて気持ち良い部分のブラッシングから慣らしていきます。朝や晩の食事の前や、散歩の前など、愛犬が喜ぶイベントの前に習慣として取り入れることができれば、苦手なブラッシングも克服できそうですね。

●フローリングの色は、愛犬の毛色と同系色か?反対色か?

<愛犬と同系色のフローリング>

抜け毛のあるダブルコートの犬を飼育している場合、犬の毛色の同系色のフローリングであると、抜け落ちた毛が目立ちにくいメリットがあります。

また同系色であるがゆえ、室内でフローリングを背景とした愛犬の写真にはコントラストが生まれないといったことも考えられます。柴犬のように、体を覆う表面の毛色はきつね色や黒色であっても、換毛する下毛は白色といった犬種も多いため、抜け落ちる毛の色を気にする方は抜け毛の色を参考にしてください。

<愛犬と反対色のフローリング>

犬の毛色の反対色のフローリングは室内で写真を沢山撮りたい方にオススメです。寝てる姿や犬目線のローアングル、おねだりするカワイイ顔を上から撮影するなどのシーンに背景色とのコントラストが生まれます。愛犬の毛質がダブルコートの場合、抜け落ちた毛が目立つため、掃除機やフローリングワイパーが手放せないかもしれませんが、汚れを早く発見してこまめにお掃除されたい方にはオススメです。

ドッグラン通信の新着コラム

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る