ドッグラン通信 犬にまつわるお役立ち情報

海外に学ぶ!犬も人間も本当にハッピーな暮らしとは?
  • 2015.08.23
  • 犬にまつわるお役立ち情報

犬と人の共生について考えてみる

ペットブームが到来して久しい日本よりも遥か昔から犬との信頼関係を築き、犬が人間の傍らで暮らすことが当然のことと思われている愛犬大国。

特にアメリカやドイツなどの欧米諸国には、犬の扱い方に関して学ぶことが非常に多いと言えるでしょう。そこで今回は、海外の犬と人間がハッピーに暮らすヒントについて、ご紹介したいと思います。

■ペットにとって最も住みやすい国・ドイツから学べること

まず、ドイツには犬や猫などの公的な動物殺処分施設というものが存在しません。これは本当に世界でも類をみないことと言えるでしょう。

だからと言って、処分されない動物が絶対にいないとは言い切れませんが、それでも国の指針として犬を含め動物の殺処分はしない、と定められているのは素晴らしいことなのではないでしょうか?

ちなみに日本では、悲しいことに年間12万頭以上(平成25年度における環境省調べ)もの殺処分がなされています。

このドイツと日本の違いは、犬の販売方法の違いと言えるでしょう。ショーケースに入れて動物を販売する日本と違い、ドイツではそれが禁止されています。そのため、「ペットの衝動買い」を防ぐことができるのです。

また、犬の保護条例という法律も制定されているので、その条件を全て満たさない家庭では犬の飼育が禁止されています。

本当に犬が大好きで、ちゃんとした受け入れ態勢を整えてから、犬を家庭に迎え入れてあげることが、犬と人間がハッピーに暮らすヒントと言えるかも知れませんね。

■ペット先進国・アメリカから学ぶ犬との暮らし

昔は日本でも犬は外で飼うものだ、という認識が少なからずありました。今でこそ、家の中で人間と同じように暮らす犬が増えましたが、アメリカでは犬は家族も同然、そのため基本的に犬を飼うなら家の中で飼うことが当たり前になっています。

そのため、犬に躾をきっちり教え込む必要性をアメリカの人々は知っているのです。ただ家の中で犬を飼うだけなら誰でも出来ますが、犬と人間が本当に幸せに暮らすためには、犬を適切に教育することが大切です。

ですから、ドッグトレーナーに犬を訓練してもらうのが、当然のこととなっているのでしょう。いずれは日本でも全ての家庭犬がきちんと躾を身につけられるように、ドッグトレーナーの需要がもっと拡大するかも知れません。そのほうが、人間も犬もお互いにストレスなく暮らせるようになる、と言えるのではないでしょうか。

 

新居向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix04/

居住者向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix05/

ドッグランコーティングの施工料金
http://dogrun-coating.com/price/

ドッグランコーティングの施工の流れ
http://dogrun-coating.com/flow/

ドッグランコーティングのサンプルご請求
http://dogrun-coating.com/contact/

ドッグラン通信の新着コラム

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る