ドッグラン通信 犬にまつわるお役立ち情報

留守中の愛犬…一人で大丈夫?ケージに入れておくのがベスト?
  • 2015.08.02
  • 犬にまつわるお役立ち情報

●あなたの愛犬は留守番が苦手?得意?

犬を飼い始めても24時間ずっと一緒にいることはできませんよね。
仕事やその他で愛犬を一人ぼっちにして外出しなければならないことが必ずあるのです。
もともと犬は群れで生活していたため、一人での留守番は苦手なことが多いでしょう。

飼いはじめてから間もなくの初めての留守番は、飼い主さんもとても不安です。
後ろ髪をひかれる思いで犬に留守番させてでかけることもあるでしょう。

しかし、避けては通れないもの。
初めは出来なかった留守番も回数を重ねるうちに大丈夫になってくるものです。

慣れないうちは飼い主さんとの分離不安から、さまざまな行動を起こします。
不安を感じてしまうので、飼い主さんは帰ってきて部屋やケージの中を見てビックリということがあります。
トイレの粗相をしてしまったり、トイレシーツを食いちぎってボロボロにしていたりということもあります。
基本的に犬は一人ぼっちになる留守番が苦手なのですが、毎日少しずつでも慣らしておくと、特別なことと感じず徐々に慣れていくようになります。

●お留守番はケージに入れた方がいいの?

留守番をさせる時に、愛犬をリビングに放していく人とケージに入れていく飼い主さんの2パターンがあるようです。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、おさえておきたいポイントです。

◎リビングに放して留守番

リビング全体が行動範囲となりますので、犬が運動不足になりにくいです。
夏の暑い日には自分でエアコンの近くに移動したり、自由に動きまわることも可能です。

しかし、ソファーやテーブルに昇り降りをしてケガをしたり、食べてはいけないものを留守中に飲み込んでしまう危険性もあります。
◎ケージに入れて留守番

ケージの中だけに行動範囲が限られるので、留守中に起こり得るさまざまな危険を回避できます。
またケージの中が自分の居場所と知ることで、落ち着いて飼い主さんを待つことができます。

ただ、留守番が長時間に及ぶ場合、運動不足になるという点もあります。

 

新居向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix04/

居住者向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix05/

ドッグランコーティングの施工料金
http://dogrun-coating.com/price/

ドッグランコーティングの施工の流れ
http://dogrun-coating.com/flow/

ドッグランコーティングのサンプルご請求
http://dogrun-coating.com/contact/

ドッグラン通信の新着コラム

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る