ドッグラン通信 犬にまつわるお役立ち情報

知っておくと得かも?ペット保険について
  • 2015.07.28
  • 犬にまつわるお役立ち情報

いざという時のために!ペット保険

犬を飼うと決めた時、費用がどれくらいかかるのか不安……と思う方、
多いのではないでしょうか?
特に、必ず必要になる病院の費用は、高額になることも多々あります。
そんな経済負担を軽減してくれるのが、ペット保険。
ペット保険とは、どのようなものなのでしょうか。

犬の医療保険?

ペット保険は、簡単に言えば人間で言う医療保険のようなものです。
飼い犬の治療費は、基本的に飼い主の全額負担。
犬の治療も病気によっては、手術や長期的な治療が必要になることもあります。

ペット保険は、治療にかかった費用の一部または全額を負担してくれる保険です。
それでは、ペット保険について少しご説明いたします。

保障の割合は?

現在、ペット保険を提供している会社は数多くあります。
保障の種類には治療費の一部を負担するタイプ、一定の金額を負担するタイプ、
治療費の全額を負担するタイプなどがあり、形式は会社によって様々。

保障の割合も会社によって違いがあり、一般的なのは50%~70%の保障です。
中には80%、100%(全額保障)など、非常に高い割合で保障してくれる会社も
存在しています。

ただし、どの割合の保障でも上限額が定められていることが多く、
あまりに法外な値段だと保障しきれない場合もあるようです。

保険料は?

医療費を負担してくれるペット保険ですが、もちろん保険料を払わねばなりません。
プランの内容や犬種、年齢などでその料金も変わりますが、安い料金なら
月々1000円前後からあります。

ただし、高齢の犬の場合には少し注意が必要です。
高齢になると保険料が高額になることが多く、月々の支払いが8000円を超えることも。

ペット保険の会社はたくさんあるので、自分の愛犬に合ったプラン内容、無理なく
支払える保険料の保険を探してみてください。

保障できない場合もある

ペット保険といっても、すべての治療や医療を保障してくれるわけではありません。

ワクチンなどの予防接種、予防接種で防げる病気、去勢・避妊手術、出産に関わる
費用(帝王切開や人工流産も含む)、断耳・断尾、自然災害が原因の時、飼い主の
故意・過失によるケガなどは、保障の対象外となる場合が多いようです。

保障の対象となるかどうかは会社によって違いがあるので、加入前にしっかりと
チェックしておくことをおすすめします。

現在では犬の病気やケガの治療方法も、人間と同じように多種多様にあります。
難しい手術や治療法、長期に渡る治療の場合、治療費が50万円以上の高額に
なることも珍しくありません。

愛犬が体調を崩した時や大病を患った時に、金銭面の不安を少なくするためにも、
ペット保険について詳しく知ることが必要かもしれませんね。

 

新居向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix04/

居住者向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix05/

ドッグランコーティングの施工料金
http://dogrun-coating.com/price/

ドッグランコーティングの施工の流れ
http://dogrun-coating.com/flow/

ドッグランコーティングのサンプルご請求
http://dogrun-coating.com/contact/

ドッグラン通信の新着コラム

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る