ドッグラン通信 犬にまつわるお役立ち情報

愛犬との散歩に取り入れてみたいリーダーウォーク
  • 2015.06.30
  • 犬にまつわるお役立ち情報

●きちんと散歩できていますか?

犬を家族の一員として迎え入れて一緒に暮らす上で、犬の健康と社会性を身につける上で重要なものに散歩があります。しかし、ただ外を歩く事だけでは社会性も身につかないため、散歩の時にしつけをすることはとても大切です。

犬の散歩風景を見た事のある人も多いでしょう。この時、犬の方が飼い主さんより前に出て歩いていることが多いと思いませんか?特に大型犬などでは、リードを持った飼い主さんの方が引っ張られている様子が目につきます。犬には「自分はこっちに行きたいんだ!」という感じで引っ張っているのでしょう。これでは主導権は飼い主さんではなく、犬の方にあることになります。これをコントロールしなければ、散歩の時に危険な行動を引き起こすことに繋がってしまうことがあります。

・道路に飛び出してしまう
・他のワンちゃんにも攻撃してしまう
・突然走り出す
・拾い食いをしてしまう
・他人を噛んでしまう

など、あらゆる問題が出てきてしまいます。そういった問題を未然に防ぎ回避するためには、飼い主さんが主導権を握ってリーダーとなることが大事です。そこで、飼い主さんが主導権を握るリーダーウォークがお勧めです。

●リーダーウォークとは?

犬が主導権を握った散歩では、犬に引っ張られた飼い主さんという状態ですが、リーダーウォークでは犬と飼い主さんが一緒に歩いているという状態になります。リーダーウォークを身につけてしつけることで、犬たちは「散歩の時は飼い主さんが主導権を握っている=自分の自由には歩くことができない」と理解し、主従関係をはっきりと認識することができます。

リーダーウォークは、すぐに習得できるものでもないのですが、継続して取り組むことで犬たちもしっかりと分かってくれるようになります。またリーダーウォークができると飼い主さんを「リーダー」として認識し、他のしつけにも応用できるようになり、愛犬との暮らしが充実したものになっていくでしょう。

●リーダーウォークの基本

散歩の時に犬が引っ張って飼い主さんより前に進んだら、飼い主さんは立ち止まります。犬と目を合わせずに動かずにいるようにします。そして、犬が自分の方によってきたら、褒めてあげてまた歩きます。そしてまた引っ張られたら立ち止まる・・・繰り返す事で、犬は飼い主さんの前を歩かず、隣に適度な間隔を保って歩けるようになります。

・犬が引っ張ってしまう時は毅然とした態度で無視、犬の自由にさせない
・犬が隣について歩いてくれたら褒めてあげる

メリハリをつけることで、犬たちは「飼い主さんの前を歩くといけないのだ、横を歩くと褒められる」と分かります。リーダーウォークがきちんとできるようになると、隣を歩きながら、飼い主さんをチラチラと見ながら散歩をするようになります。大型犬では引っ張られた時に力が強くて、このようなリーダーウォークのしつけが大変になってしまう時もあります。できるだけ、子犬の時からしつけることが理想です。

 

新居向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix04/

居住者向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix05/

ドッグランコーティングの施工料金
http://dogrun-coating.com/price/

ドッグランコーティングの施工の流れ
http://dogrun-coating.com/flow/

ドッグランコーティングのサンプルご請求
http://dogrun-coating.com/contact/

ドッグラン通信の新着コラム

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る