ドッグラン通信 犬にまつわるお役立ち情報

犬と上手にコミュニケーションを取るには?アイコンタクトで良い関係を!
  • 2015.06.28
  • 犬にまつわるお役立ち情報

●愛犬とアイコンタクトで上手なコミュニケーションを取りたい!

犬を家族に迎え入れると、まずは名前を決めますよね。

そして、名前を呼んだら・・・。振り返ってもくれない!なんてこともあるでしょう。

これは、無視しているわけではなく、

名前を覚えられない、自分の事を呼ばれていると分からないからなのです。

 

初めに犬に自分の名前を覚えさせることからスタートしてみます。

犬の興味を惹きつけるためには、おやつを用意してから始めます。

おやつを持つと犬はその手に興味を持ち始めますので

それを飼い主さんが自分の顔の前に持っていくと、犬は飼い主さんの顔をみます。

おやつ越しに目があったら褒めておやつをあげましょう。

この時、犬の名前を呼びながら行うことで、名前を呼ぶと振り返ってくれるようになります。

繰り返し行うと、おやつなしでも振り返ってくれ、アイコンタクトができるようになってきます。

アイコンタクトができるようになったら、散歩の時や家の中でも名前を呼んでみます。

ここで名前を呼んで目を合わせてくれるようになると、

飼い主さんと犬の関係が良好ということになりますね(^^)

●犬が人を見つめる時の気持ちは?

犬は言葉が話せませんので、しぐさや吠え方、目など、体じゅうを使って

飼い主さんとコミュニケーションを取ろうとするでしょう。

中でもアイコンタクトは関係が良好であるということなので、

上手にアイコンタクトが取れるようにすることをお勧めします。

ところが犬の世界では、相手の目をじ~っと見つめることは、

なんと「挑戦状」にも似たようなものなのです。

見つめた相手に「敵対心があるぞ!」とアピールしているのが

目を合わせるという行動です。
犬が目を合わせた時に、敵対心を持っている時は、

同時に唸り声を出したり、歯を出したりします。

つまり好きでもない相手に見つめられると「敵意丸出し」ですが、

好きな飼い主さんに見つめられた時は「良好な関係」を示すシグナルなのですね。

一方、犬の方から飼い主さんを見つめている時があります。

例えば、飼い主さんが食事中に「僕にもご飯ちょうだい~」という感じで、おねだりする時。

また「かまって欲しい」と飼い主さんに甘えている時に見つめることもあります。

こういった時は、同時に喜びの表れであるように尻尾を振っていることが多いので、

分かりやすいかもしれませんね。

声をかけたりして、優しく接してあげるようにすると上手にコミュニケーションが取れます。

 

新居向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix04/

居住者向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix05/

ドッグランコーティングの施工料金
http://dogrun-coating.com/price/

ドッグランコーティングの施工の流れ
http://dogrun-coating.com/flow/

ドッグランコーティングのサンプルご請求
http://dogrun-coating.com/contact/

ドッグラン通信の新着コラム

居住中でも、新築でもOK施工1日で、10年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る