ドッグラン通信 犬の病気と健康

犬の健康状態をチェックし適切な対処をするには!?
  • 2022.03.25
  • 犬の病気と健康

・主な病気と症状 について

犬の健康状態といっても様々な病気がありますが、今回は眼に焦点をあてていきたいと思います。

まずは目視で涙や目やにが過剰に出ていないか眼球に異常がないかチェックしてみましょう。
目元に涙や目やにが過剰に出ている場合は何らかの病気にかかっている可能性があります。
代表的な症状としては

・結膜炎
・角膜炎
・流涙症
・白内障
・緑内症

などが挙げられます。

・結膜炎・角膜炎

・結膜炎
まぶたの裏側にある結膜に炎症が起こり目にゴミや液体が入る事に
よってかかる病気。まぶたの裏側になるのでまぶたをずらし裏側を確認して
みて炎症が起きているようなら結膜炎の可能性があります。

※足で目をこすったり目を壁などにこする動作などが挙げられます。


・角膜炎
角膜に外的要因で起こる症状
主に目の乾燥(ドライアイ)や感染(細菌、ウイルス)などで起こります。

※目を眩しそうに閉じたり、目を前足や床などでこすったりなどの動作が挙げられます。

・流涙症

常に目の周辺に涙が溢れる状態
溢れた涙が目頭や鼻にこびりついて湿疹や皮膚炎を起こす可能性があります。
鼻涙管と呼ばれる器官が正常に機能してない場合に起こり
分泌されなかった涙が目頭に溜まり起こる症状

※小型犬に多く見られる症状です。目やにや目頭に異変を感じるようであれば
動物病院で診察をしてみると良いでしょう。

・白内障・緑内障

・白内障
眼球部分の水晶体が白くなり視覚に影響を及ぼす病気
一度なると元に戻らずやがて眼が見えない状態になる。
高齢犬に多く見られる症状

※定期健診などで症状の進行状況などをマメに診てもらう事が良いでしょう。
完治には手術が必要となり高齢犬の場合はリスクを伴う事も考えらえます。


・緑内障
眼の中の眼房水といわれる液体が排水口から放出されなくなることで
眼内に水が溜まり眼内圧が上昇する事でおこる病気
緊急性の高い病気で24~72時間で視覚喪失になるケースもあります。

※眼圧があがる事で眼が膨張する症状です。右目と左目で明らかな違和感を感じるようで
あれば早急な診療が必要となります。

・まとめ

眼に何らかの異常がある場合、目視で異変を察知したり
何らかのアクション(眼をこする頻度)が伴う場合が多いようです。
定期健診で眼の健康状態をこまめにチェックする事が重症化を防ぐポイントに
なると思わます。
日頃から最寄りの動物病院に相談しておくと何かあった時に慌てずに対応できる事も
あると思いますので、事前の準備をしておくと良いでしょう。


新居向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix04/

居住者向けドッグランコーティングサービス
http://dogrun-coating.com/topix05/

ドッグランコーティングの施工料金
http://dogrun-coating.com/price/

ドッグランコーティングの施工の流れ
http://dogrun-coating.com/flow/

ドッグランコーティングのサンプルご請求
http://dogrun-coating.com/contact/

ドッグラン通信の新着コラム

居住中でも、新築でもOK施工1日で、20年保証のフロアコーティング。

ページトップへ戻る